おばちゃんにまかしとき!事業ローン300万円返済中だからわかるローンの「困った!」を優しく解説

カード&ローンのそもそも

よくわかる質問 金利について

【カードローンQ&A】3%〜18%…最低金利で借りる方法はあるの?

更新日:

カードローンを利用しようと調べていると、やっぱり「金利」がいちばん気になるという方も多いのではないでしょうか。

でも、その数字を見て感じる素朴な疑問・・・

どうして金利は上限と下限の幅が大きいの?

その幅3%から18%(法律では20%)。実に15%もあります。金利は低ければ低いほど助かりますが、3%で借りることはほぼ不可能であることがわかってきます。

結論からいうと、借りる額が安ければ安いほど金利は最高18%(最高年率はカードローン会社によって異なります)に近づき、借りる額が高ければ高いほど金利は下がっていきます。

そのカラクリをリサーチ、わかりやすく解説していきます。

Q.できれば最低金利で借りたいんですけど?

taki

カードローンの金利イメージ

通常カードローンときくと、金利が高いイメージがつきまといます。金利が18%なんてきくと、やっぱり高いなぁ〜とちょっと構えてしまいます。

この18%という金利はカードローン用語でいうところの実質年率で表示されています。

【カードローンQ&A】「実質年率」とは?利息・利率・年利・金利etcとの違い

日本政策金融公庫から事業ローン300万円を5年かけて返済中です。国のローンなので安いと思いがちですが、きっちり金利は取られています。月々・・・いくらでしたっけ?と思い、郵送されてきた返済スケジュール表 ...

続きを見る

単純計算で、1万円なら年1800円ですよね。10万円なら年1万8000円です。まあ、少し高いけどこんなもんかという気もします。これが100万円になると、18万円。はい、高いという感じがしますね。一気に不安になります。100万円借りて、1年で完済するためには118万円返すわけです。

でも、これは単純計算した金額。そんな単純ではありません。

最高年率18%の金利(間違い計算例)
1万円 1800円
3万円 5400円
5万円 9000円
10万円 18000円
50万円 54000円
100万円 180000円
500万円 900000円
800万円 1440000円

△こうはならないという、間違っている計算例です。でも、こう考えてしまいがち。

陥りがちな、あえて計算してみました。最高限度額800万円なら利息だけで144万円を年間支払うことになってしまいます。月々なら12万円。返済分を含めるとおよそ78万。これだけ払えば1年で完済できることになります。

金利の算出方法には方程式があります。

・借入残高×実質年率÷365日×返済期日までの利用日数=毎月の利息額

例えば、10万円借り、年率18%、およそ10ヶ月、300日で返したいとして計算してみます。

10万円(借入残高)×1.8(実質年率)÷365×300(返済期日までの利用日数)=1479.45円

およそ1479円が利息ということになります。だいたい1万1500円を毎月払っていけば10か月で完済できることになります。こうやって計算していくとイメージがわきやすくなりますね。

モビットのカードローン公式サイトでは、返済シミュレーションができるようになっていて、毎月の返済額や返済月数をそれぞれ何度でも試算することができます。文字通り何度かやってみたらこんな表示が出ました。

100万円以上ご利用の場合、モビットでは借入利率は15.00%以下になります。

100万円を金利18%で毎月の返済額をシミュレーションしたらでてきました。最高利率は15%以下になりますよ、という意味です。
このように借り入れる額が上がれば上がるほど利息が下がっていくんです。

1万円と100万円で考えればわかりすいですが、同じ10%にすると利息はそれぞれ1000円と10万円です。どちらを安くするかといえば、100万円借りている人を安くします。5%にしても利息5万円です。1000円借りている人の金利を安くすれば500円です。手続きなどの作業や経費を考えれば赤字になりかねません。

<ここがポイント>
少額ほど金利は高く、多額ほど金利は安い

カードローンの限度額は信用に比例します。通常、初めてカードローンを申し込む人がいきなり100万円を借りることは難しいといわれています。金利が安いのは信用を積み重ねでもあるのです。

そして、ここからが本題。金利を踏まえて、じゃあ例えば10万円借りたらいくら返済すればいいの?というギモンに応えたいとおもいます。モビットを例にします。

いくら返済すればいいの

モビットの返済方式は、借入後残高スライド元利定額返済方式

マイホーム購入検討前に知っておきたい 住宅ローンの仕組みと返済方法(返済方式) 

念願の一軒家やマンションを買う!となったら、まずどんな家を建てるか、選ぶか、ではなく毎月いくらをどんな方式で払っていくのかを検討しておくことが大事になっていきます。検討の結果、割り出された予算から住宅 ...

続きを見る

ざっくりいうと、借り入れ残高に応じて返済額が変動する方式です。
モビットの公式サイトに、返済金額の表を掲載されていました。イメージしやすいですよ。

毎月の返済金額(借入後残高スライド元利定額返済方式)

最終借入後残高 返済額
10万円以下 4,000円
10万円超過、 20万円以下 8,000円
20万円超過、 30万円以下 11,000円
30万円超過、 40万円以下 11,000円
40万円超過、 50万円以下 13,000円
50万円超過、 60万円以下 16,000円
60万円超過、 70万円以下 18,000円
70万円超過、 80万円以下 21,000円
80万円超過、 90万円以下 24,000円
90万円超過、 100万円以下 26,000円

△先ほどの表でかんじたイメージと全然違いますよね。

借り入れ残高と毎月の返済額は?
10万円以下なら4,000円、10万から20万円以下なら8,000円、100万円なら26,000円です。

さきほど、18%で単純計算した100万円の借入なら118万円、一年で完済するなら月々9万9000円をしなければなりませんでした。しかし、借入後残高スライド元利定額返済方式なら月々26000円です。いずれも最低返済額のラインになります。

先ほどの計算式でもわかるとおり、モビットの利息はは365日の日割りで計算しています。ですから26000円より多く返済して90万円以下にすれば24000円になり、80万円以下にすれば21000円とどんどんすぐに返済額が減っていくことになります。もちろん、一気に完済するのもアリ。いちばん多い借り入れ額は10万円以下。月々4000円なら返済のメドも立てやすいですよね。ちなみに、返済日は1ヶ月に1度、5日、15日、25日、末日と決まっています。好きな日を指定できるので給料などのお金が振り込まれる直後に指定しておくとしっかりとした返済計画が立てやすいと思います。

これは、ほとんどのカードローン会社で適用される計算方式です。

返済中にまたお金が必要になったら?

カードローンは借り入れ限度額の範囲内であれば、まだ返済中で完済していない状態でもお金の借り入れをすることができます。異性や女子会などで飲みに誘われたけどお金がない、というときに例えば3万円だけ借りる、ということも可能になります。5万円返済中で新たに3万円を借りても、月々に返済する額は4000円で同じです。

最低金利は借りたいけど方法はある?答え

カードローンの金利幅は、借入限度額に応じて設定しているからです。カードローン会社の目線でいうと、10万円で利息3%とすると、10万円は元金ですから貸したお金が戻っただけ。利益に相当するお金は3000円だけ。人件費やシステムのメンテナンスなどを考えると高めに設定せざるをえないわけです。

なので、最低金利で借りたい場合の方法はひとつ。各社で設定している最大の借入限度額まで借りること。これが答えになります。各カードローンで表示されている最低金利は最大の借入限度額である場合がほとんどです。

借入限度額以外の基準を設けているところもあります。例えば、楽天銀行は同じ500万円でも4.5%~7.8%と差があります。独自の審査基準で総合的に判断し、適用する金利を決めているんです。

【カードローンの基礎知識】そもそも「審査」とは?スコアリングで決まる合否の境界線

カードローンでお金を借りることは審査がすべてといっても言いすぎではありません。審査に通ればお金を借りることができますし審査に落ちれば借りることができません。当たり前の話に聞こえるかもしれませんが、カー ...

続きを見る

 





-よくわかる質問, 金利について
-, , , ,

Copyright© カード&ローンのそもそも , 2018 All Rights Reserved.