東京五輪まで300万円返済中!未来への投資「ローン」を賢く利用してGOLDなマネーライフを

はじめてのカードローンGOLD

よくわかる質問

【カードローン】返済が不安…高すぎなイメージの金利の利息を計算してみた

更新日:

わたしはいま、300万円を借り入れしていて月々6万円ちかくを5年ローンで返済しています。事業融資だったので金利はそれほど高くありませんが、不安は消えません。できることなら繰り上げ返済して早くお金をかえしたいと思っていましたがまだ現実になっていません。そうなんです。利息って、お金を借りる以上に不安なんです。とくに、はじめてカードローンを利用する方にとっては、本当に返していけるのか、不安はつきないはずです。たぶん、不安は消えないとおもいます。ただ、不安を小さくすることはできます。一体いくらかかるのか、知っておくことが不安を減らすことにつながるのです。

カードローンの利息を計算してみた

どうして利息は幅があるの?

やはり、通常のカードローンは高いイメージがあります。カードローンを利息をみると、上限は13.8~18.0%まで業者によって様々。実は、法律で上限が決まっているので18%を超えることはありません。超えたらヤミ金です。
最高利率18%・・・。計算しなくても1万円なら年1800円ですよね。10万円なら年1万8000円です。まあ、少し高いけどこんなもんかという気もします。これが100万円になると、18万円。はい、高いという感じがしますね。一気に不安になります。100万円借りて、1年で完済するためには118万円返すわけです。

でも、これは単純計算した金額。そんな単純ではありません。カードローン各社の公式サイトには返済シミュレーションができるようになっています。計算してみてわかったのですが、例えばモビットの場合、借入金額が100万円以上になると、利息18.0%は適用されません。借り入れる額が上がれば上がるほど利息が下がっていくんです。1万円と100万円で考えればわかりすいですが、同じ10%にすると利息は1000円と10万円です。どちらを安くするかといえば、100万円借りている人を安くします。5%にしても利息5万円です。1000円借りているひとを安くすれば500円です。手続きなどの作業や経費を考えれば赤字になりかねません。
つまり、借りる額が小さいほど利息が高いのは儲からないという理由がひとつ。そしてもう一つは「信用」です。信用度が高いほど限度額も上がっていきます。だから初めてカードローンを申し込む方は「信用度が低い」ので限度額も低く設定されることを念頭においてください。

利率18%で計算してみた

さきほどの10万円なら1万8000円は、ざっくりすぎる利息です。実際は、ちょっとだけ借りて返せるときにすぐ返すという人も多いのではないでしょうか。そんな人のために利息額の計算をご紹介します。
計算式はこちら。

借入残高×実質年率÷365日×返済期日までの利用日数=毎月の利息額

例えば、10万円借り、年率18%、およそ10ヶ月、300日で返したいなら?

10万円(借入残高)×1.8(実質年率)÷365×300(返済期日までの利用日数)=1479.45円

およそ1479円が利息ということになります。だいたい1万1500円を毎月払っていけば10か月で完済できることになります。こうやって計算していくとイメージがわきやすくなりますね。50万円以下の借り入れだと、だいたい18%が適用されます。具体例でやってみましょう。

30万円を1週間借りた

友達の結婚式のためにブランドのアクセサリーが欲しくなったあなた、30万円を借り入れをしました。たまたま次のボーナスが1週間後だったこともあり、おもいきりました。

1週間の利息は、約1030円です。

5万円を2ヶ月借りた

北陸新幹線で金沢へ旅行にでかけたいと彼女にせがまれて急遽週末遊びにいくことになったあなた、不足分の5万円を借り入れ
しました。1か月後には返済したかったのですが結局2か月後になりました。

その2か月分の利息は、約1480円です。

100万円を13%で10ヶ月借りた

100万円を超えると18%の年率はまずありえません。100円を借りられるほどの人は信用も高く、金利が低くても十分な儲けが出てくるので年率の金利は下がってきます。ちなみにモビットなら15%以下になります。

子供にどうしても100万円貸してほしいとたのまれたあなた、すぐには用立てできなかったので100万円を借り入れしました。期間は10か月に設定。

その300日分の利息は、約123000円になります。やはり100万だと一年もかけずに返済するとなるとこれだけの額になってしまいます。
ただし、モビットなどで採用している借り入れ残高に応じて返済額が変動する「借入後残高スライド元利定額返済方式」で10か月の期限にこだわらないなら、最低返済額は2万6000円です。

関連記事はこちら。
3%〜18%…なぜカードローンの金利は幅があるの?

毎月の返済金額参考(モビットのリボ払い)

最終借入後残高 返済額
10万円以下 4,000円
10万円超過、 20万円以下 8,000円
20万円超過、 30万円以下 11,000円
30万円超過、 40万円以下 11,000円
40万円超過、 50万円以下 13,000円
50万円超過、 60万円以下 16,000円
60万円超過、 70万円以下 18,000円
70万円超過、 80万円以下 21,000円
80万円超過、 90万円以下 24,000円
90万円超過、 100万円以下 26,000円

△最低限の返済額になります。とにかく早く完済したいなら返せるときに返す、こまめに返すことが一番の近道です。額が減れば最低返済額も下がっていきます。どんどん楽になっていくんです。

ここがポイント
・借入金額は少ないと年率18%が適用される
・日割りなので少しでも返済期間は短いほどよい

実際の利息を知ると、カードローンが目に見えて現実のものになっていきます。各社の公式サイトではシミュレーションが用意されているので試してみてください。
もちろん、タダですよ。

目安の金額を知って返済をより計画的なものにしていきましょう。





-よくわかる質問
-, , , , , ,

Copyright© はじめてのカードローンGOLD , 2018 All Rights Reserved.