東京五輪まで300万円返済中!未来への投資「ローン」を賢く利用してGOLDなマネーライフを

はじめてのカードローンGOLD

よくわかる質問 金利について

【カードローンQ&A】「実質年率」とは?利息・利率・年利・金利etcとの違い

更新日:

日本政策金融公庫から事業ローン300万円を5年かけて返済中です。

国のローンなので安いと思いがちですが、きっちり金利は取られています。
月々・・・いくらでしたっけ?と思い、郵送されてきた返済スケジュール表を見てました。こちら。

△借金300万円を220万円と80万円に分けたものになってます。
先方の事情らしいです。月々のローンは4万円と1万5千円。

そういえば、ローンを払い終えるのはいつになるのか見たことがありませんでした。

ひょえ〜っ

△平成32年!アノ2020年でした。東京オリンピックが終わった2ヶ月後までまだ払い続けていることになりますね。長い道のりです。
月々のローン57回目の平成32年10月5日、15000円と金利20円を払えばフィニッシュ。

 △もう一つは、おっとさらに1ヶ月先の11月5日、58回目が最後のローンとなり4万円と74円を払ってフィニッシュです。金利の項目をみると、けっこう細かく刻んでいるのがわかります。

ではカードローンは?

毎月の返済金額

最終借入後残高 返済額
10万円以下 4,000円
10万円超過、 20万円以下 8,000円
20万円超過、 30万円以下 11,000円
30万円超過、 40万円以下 11,000円
40万円超過、 50万円以下 13,000円
50万円超過、 60万円以下 16,000円
60万円超過、 70万円以下 18,000円
70万円超過、 80万円以下 21,000円
80万円超過、 90万円以下 24,000円
90万円超過、 100万円以下 26,000円

△大手消費者金融の一例です。わかりやすいですね。借入後残高スライド元利定額返済方式といって、残高によって定額を返済していくスタイルになります。金利も含まれていることになります。

このように、ローンの種類によって返済の仕方も様々。ん?

金利ではなく利息とあります。「金利」と「利息」の違いってそもそもなんでしたっけ?

というわけで、長〜〜い前フリとなりましたがここから本題。
なんとなくわかっているような気でいた金利やら利息やら。カードローンでは実質年率借入利率なんて表示もよく使われますが、どう違うのかイマイチわかっていません。確認しておきましょう。

staffゆうきち
一緒ちゃうん?

BIGママ
先にいっておくと、利息と実質年率は違います

改めて聞かれるとゴニョゴニョしてしまいますね。

実質年率

実質年率は、元金と利息のほかに手数料や保証料などの諸費用を含めた、1年間にかかる利息の割合です。

staffゆうきち
情報多すぎてワケわからん

BIGママ
元金は借りたお金のこと。これは分かるわね?

staffゆうきち
30万円借りたら元金は30万円ってことやろ

BIGママ
その30万円に利息がかかるのもわかるわね

staffゆうきち
ま、利息分で商売が成り立ってるわけやからねカードローン業者は

BIGママ
その利息に手数料などを含めたものが実質年率になるの。実質的な利息っていう意味よ

staffゆうきち
ATMで手数料取られるようなもの?

BIGママ
まあ、そんな感じ。ただほとんどのカードローン会社は手数長や保証料など取ってないから安心して。無料でやってるから利息と同じと思っとけば間違い無いわ

各カードローンのサービスを提供する会社は、「実質年率」を表示するよう法律で義務付けられています。

実質年率の表示がない場合は、悪徳業者の可能性が高いので要注意。
「通常利息年7%以下」「1日あたりの利息1%」、「月利」「実質年率〜1.8%〜(上限の記載がない)」など金利の表示があやふやなものには手を出さないようにしましょう。

利息に含まれていない手数料や保証料がかかっているとして、法外な金額を上乗せてして請求してくるケースが報告されています。

・元金+実質年率=健全なカードローン会社

・元金+利息+保証料など=悪徳カードローン会社

staffゆうきち
なんやねん。実質年率めちゃめちゃ大事やんか

BIGママ
そうよ。めちゃめちゃ大事なのよ

<利息の計算式>

借入残高(利用金額)×実質年率(借入利率)÷365日×借入(利用)日数=利息

10万円借りたとすると1か月の利息はこのようになります。

・借入残高〜10万円
・実質利率〜17.8%
・借入日数〜30日間100,000円×0.178÷365日×30日=1,463円

1か月の利息(実質年利)は1463円。10万1463円払えば完済です。ほかに手数料や保証料なども取られません。

【カードローンの基礎知識】金利(利息)の計算式

消費者金融のキャッシング、カードローンの場合、借入利率はだいたい4.5%~18%となります。上限は18%と決まっています。 利息の方程式 利息の計算方法は以下の通り。 借入残高(利用金額)×実質年率( ...

続きを見る

カードローンは実質年率のことを理解しておけば事足ります。いちおう、ほかの用語も確認しておきしょう。

金利と利息の違い

・金利〜1年間にかかる利息の割合。「%」で表示される。
・利息〜お金を借りる代わりに上乗せして支払う金銭のこと。「円」で表示される。

だから先ほど画像で紹介した事業ローンの項目は「利息」だったんですね。金利と書いたら「%」で表示しないといけません。

利子と利息の違い

意味はほぼ変わりません。

・利子〜借りる人がつかう
・利息〜貸す人が使う

これは一般的なハナシ。金融機関によって異なります。

金利と利率の違い

・金利〜1年間にかかる利息の割合。「%」で表示される。

・利率〜1年間にかかる利息の割合。「%」で表示される。

つまり同じ意味になります。

利率と年利と年率

これも金利と同じ意味です。

いかがでしたか?

それにしても日本語は難しいですね。

ただ「実質年率」の意味さえ理解しておけばカードローン選びでワケがわからなくなることもないと思います。

法律では手数料や保証料などの諸費用を含めた利息を明示せよとありますが、現実は諸費用については無料でやっているところが多い現状です。

もし請求されるようなことがあったら健全な業者ではない可能性が高いです。
文字数が多くて読み飛ばがちな契約書類ですが、「実質年率」についてはしっかり目を通しておくことが重要です。

即日融資を希望している方はこちらの記事が参考になります。





-よくわかる質問, 金利について
-, , , , , , , , ,

Copyright© はじめてのカードローンGOLD , 2018 All Rights Reserved.