東京五輪まで300万円返済中!未来への投資「ローン」を賢く利用してGOLDなマネーライフを

はじめてのカードローンGOLD

カードローンの基礎知識 カードローンの審査

【カードローンの基礎知識】そもそも「審査」とは?スコアリングで決まる合否の境界線

更新日:

カードローンでお金を借りることは審査がすべてといっても言いすぎではありません。

審査に通ればお金を借りることができますし審査に落ちれば借りることができません。当たり前の話に聞こえるかもしれませんが、カードローンにおける審査は貸す側、借りる側にとても大事なもの。

カードローンの審査は生命線

各カードローンが保証人なし担保なしで貸してくれるのは審査をして「この人はきちんと返済してくれる」と信用するからです。

とりあえず、誰でもいいから貸しちゃうなんてことはないですし、お涙頂戴の事情を聞いて多めに貸してくれるなんてこともありません。

すべては審査の基準に基づいて貸すか、貸さないかを決めています。

では、どこに重きを置いて審査をしているのか?そのポイントがわかれば、絶対やってはいけないことが見えてきますし、もし審査に落ちた人ならその原因に近づけるかもしれません。

審査に落ちた原因がわかれば道は拓ける!

BIGママ
落ちたからといって感情的にはならないこと

審査に通るために、審査に落ちた理由を知っておきましょう。

審査をする理由

どうしてカードローンの審査をするかというと、収入に対してムリのない返済プランかどうかを判断するためです。必ず審査は行われます。返済能力がない人にお金は貸しません。年収や住所、電話による在籍確認などの一つ一つをチェックすることにより「この人には貸しても大丈夫」という信用を積み重ねているんです。住所不定、無職で収入がない、連絡先も取りにくいという人は信用が下がり、お金を貸しにくくなります。

カードローンは基本的に担保なし保証人なし。もし返済不能に陥った場合、代わりに信用保証した会社が払うことになっています。例えば、三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」保証会社は、エム・ユー信用保証」です。アコムと三菱東京UFJ銀行が共同で設立した会社です。このエム・ユー信用が返済をしてくれるのです。ですから、無担保で借入れできるのも保証会社があるからなんですね。

審査の基準と内容

審査内容は、各カードローン会社によって異なっていて独自の基準で行われます。ですからA社は通らなかったけど、B社に通ったなんてことは当たり前にあります。
各カードローン会社は、審査の具体的な基準を明かしていませんがスコアリングと呼ばれる仕組みを導入しているところが多いようです。

スコアリングとは

年齢や職種、年収、勤続年数、会社の創業年数などの情報をもとにして返済能力があるかどうかを数値化して採点する審査方法です。
カードローンを申し込むときにいろいろな個人情報を伝えますが、その情報にはすべて点数がつけられているんです。
その合計点数が審査に通る境界線により、合否が決まるといわれています。

その1:仕事の内容と年収

まずは仕事をしていること、これが審査を受け付ける最低ラインになります。

貸金業法の適用を受けるプロミスなどのノンバンク系は年収の3分の1など厳格な境界線が決まっています(本人が専業主婦や主夫でも配偶者に年収がある場合など例外があります)。

さらに、年収、職種、勤続年数などがチェックしていきます。年収は高いほうがよく、職種は自営業より公務員、勤続年数が長いほど信用度は上がっていきます。会社も零細より大企業、設立の浅い企業より老舗企業が有利になります。これを各社が設定したスコアリングによって採点化しているわけです。

その2:勤続年数

勤続年数が浅いことは審査においてマイナスにはなりませんが低いことは確実。勤続年数が1年と10年では、10年のほうが点数は高いです。例えば・・・

・勤続年数1年〜3点

・勤続年数10年〜15点

これはあくまでも「例えば」です。

点数が低い、は一般的には年齢の若い人よりも、年齢が上のほうが点数が高いと考えられます。しかし60代以上の高齢となると、職業で得る収入などにも限りがあり、収入を安定させる要素が減ってしまうため、点数が下がると言われています。

その3:年齢

年齢も審査の判断材料になります。カードローン各社によって異なりますが、若ければ若いほど信用度は下がります。また、60歳を過ぎても点数は下がるといわれています。

信用度のイメージはこんな感じ。

※あくまでもイメージです

20歳がゼロになっていますがゼロかどうかはわかりせん。審査の内容は非公開でブラックボックス化されているので年齢も審査の採点要素になるとだけ覚えておけば大丈夫です。

その4:住んでいるところ

住まいが持ち家か賃貸かでも点数は違うといわれています。持ち家のなかでも本人名義だと点数はアップ。ローン中でも持ち家は財産であり、そもそも審査に通ったから住宅ローンを組めたわけで、信用度は確実に上がります。家族名義やすでに住宅ローンが終わっている持ち家もポイント高し。ただし、返済できないんなら家を売ってでも返せ、ということにはならないので安心を。持ち家を担保として借りてるわけではないからです。担保は「信用」のみとなります。

逆に賃貸は財産ではないのでポイントは低くなります。持ち家に比べると、すぐに引っ越しできて居場所を特定しにくくなる可能性もあります。

その5:他カードローンの借入れ

以前他のカードローンを借り入れたことはあるか、その返済はきちんと行われていたか、現在他のカードローンの借り入れを行っているかは審査の行方を左右する重要なポイントになります。

実は借り入れしたことがなければポイントが高いわけではありません。むしろ、借り入れしたことがあって延滞することなく返済したほうが信用度はアップします。

これは実際に事業ローンで経験済み。借りる、返すを繰り返すことで徐々に借り入れ額もアップしていきました。

その6:他カードローンの審査履歴

審査に申し込んだだけで、結果いかんに関わらず個人信用情報期間に履歴が残ってしまいます。うちの審査では合格ラインなのに、もし審査に落ちた事実を目にした場合なぜ他社の基準では落ちたのか疑問を持つことは確実です。

個人信用情報とは

カードローン各社は、審査の過程で一元管理されている個人信用情報機関に問い合わせて審査の有無や借り入れ、返済状況、利用残高などの個人情報を閲覧します。

全国銀行個人信用情報センター(KSC):おもに銀行など
日本信用情報機構(JICC):おもに消費者金融
シー・アイ・シー(CIC):おもにクレジットカードなどの信販会社

この信用情報機関をとおして、過去に3ヶ月以上の滞納はないか、借金整理をしているかなどの情報を知ることができるので、もしクレジットカードなどで電話料金や水道光熱費の延滞してしまったことがあったら注意してください。例えうっかりだったとしても信用情報期間に履歴が記載されてしまう可能性があり、審査にはマイナスの情報となります。

不安な人は、信用情報機関に問い合せれば個人でも閲覧できます。シー・アイ・シーはこちら。

氏名、生年月日、性別、住所、電話番号、勤務先、 勤務先電話番号、運転免許証等の記号番号等、登録会員名、契約の種類、契約日、貸付日、 契約金額、貸付金額、保証額等、入金日、入金予定日、残高金額、完済日、延滞等、債権回収、債務整理、保証履行、強制解約、 破産申立、債権譲渡等、本人を特定する情報(氏名、生年月日、電話番号及び運転免許証等の記号番号等)、並びに申込日及び申込商品種別等

問い合わせ代は1000円かかりますが、信用情報に傷があるか確認できるわけですから不安な方は利用してみてください。

その7:ウソ

審査の申し込みをするときに絶対にやってはいけないことが一つあります。
それは多少ならいいかと「盛っちゃう」こと。事実と異なるウソをついちゃうことです。

年収が200万円しかないのに300万円と多めに記入しても、収入証明書や確定申告などの書類の提出を求められたら必ずバレます。バレるということは審査に影響することを意味します。ウソをつく人を信用するわけにはいきませんから。

職場にバレたくない一心で仕事先の情報を曖昧にする人もいますが、職場に電話がかかってくる在籍確認などもあり、いずれはバレると思ってください。職場にバレたくなければちゃんと会社や職場の状況を伝えた上で事情を話しましょう。

各カードローン会社は、ノウハウが蓄積しているので最善の方法を教えてくれます。
ウソをつかないことが審査に通る基本中の基本、合否以前に心がけなければならないことといえます。

 

まとめ

カードローンは年齢などの条件が整えば門前払いされることなく審査を受け付けてくれます。

審査ではスコアリングが行われ、
年齢や職種、年収、勤続年数、会社の創業年数、債務の有無、信用機関などの情報にすべて点数がつけられ、合否を判断しているんです。

BIGママ
審査は感情が入らない世界だっていうことを知っておいて

なぜ審査に落ちたのか?落ちた理由は必ずあるんです。





-カードローンの基礎知識, カードローンの審査
-, , , , ,

Copyright© はじめてのカードローンGOLD , 2018 All Rights Reserved.