おばちゃんにまかしとき!事業ローン300万円返済中だからわかるローンの「困った!」を優しく解説

カード&ローンのそもそも

よくわかる質問 よく使われるカードローン用語

【カードローンQ&A】審査を左右する「個人信用情報」を開示してみた 旧サラ金の利用履歴は残ってる?

投稿日:

カードローンやキャッシングの審査に落ちてしまったとき、まず理由として考えられるのは信用情報機関に「ある記録」が残っていた可能性です。ある記録とはいわゆるブラックリストのこと。延滞や強制解約の履歴を貸金業者が見て、貸しても返してもらえない可能性が高いと判断したのです。なぜ頼んでもいないのにそんな記録が残ってしまうの?

コンプライアンスはないのか!と憤っても仕方がありません。それが今のルールだからです。ローンを利用した記録などを管理している個人信用情報機関とはどのようなものなのか?カードローン会社が審査の際に必ずチェックしている個人信用情報を実際に窓口に出向いて開示してみました。

BIGママ
あたしが信用情報機関(JICC)に出向いて、実際に開示してもらってきたわよ。行ってわかったんだけど個人信用情報を管理してるところであって審査はしてないからね。勘違いしてる人が多いらしくていきなり警備員が立ってたわよ

カードローンやキャッシングの利用履歴が残る個人信用情報機関とは?

 

個人信用情報とは?

信用情報機関が管理している個人信用情報をどのようなものなのでしょう。まずは代表的な2つの信用情報機関の説明を載せておきます。

まずは今回実際に開示請求してきたJICC(信用情報機構)から。

信用情報とは、クレジットやローンなどの信用取引に関する契約内容や返済・支払状況・利用残高などの客観的取引事実を表す情報です。近年、クレジットカードを利用して買い物をしたり、ローンを利用して自動車を購入するなど現金を使わずに支払をすることが増えてきています。このように現金を使わずに「個人の信用(期日までにお金を支払うという約束)」にもとづく取引を「信用取引」といいます。

そして「個人の信用」を客観的に表した情報が「信用情報(※)」です。

信用情報には、クレジットやローンなどを利用した際の契約内容や返済・支払状況(期日通りに返済・支払したかなどの利用実績)、利用残高などに関する情報が記録されており、新たにクレジットやローンなどの利用を希望する際にクレジット会社やローン会社などが皆さまの「信用力」を判断するための参考情報として確認しています。
信用情報は、皆さまの「信用力」を表す唯一の情報であり、「個人の信用」にもとづくサービスの提供を希望する際に大切な情報です。

※思想・信条・趣味などのセンシティブ(機微)な個人情報は、信用情報に含まれません。(引用:JICC

つづいて、CIC。

信用情報とは、クレジットやローンの契約や申し込みに関する情報のことで、客観的な取引事実を登録した個人の情報です。そして、この信用情報は、クレジット会社が顧客の「信用」を判断するための参考資料として利用されます。
そのため、信用情報には人種や思想、保健医療、犯罪歴などの項目は、一切含まれません。(引用:CIC

staffゆうきち
小難しそうやな。ざっくり説明してくれへん?

BIGママ
クレジットカードやローンを申し込んだことはもちろん、利用残高、延滞したことがあるならその記録まで残されてるの

staffゆうきち
なんかコワイな

BIGママ
あの履歴が残ってたらどうしよう、バレたら困るという人もいるでしょうね。でも実際に審査してるわけじゃないから

もしクレジットカードなどで電話料金や水道光熱費の延滞してしまったことがあったら注意してください。例え「うっかり」だったとしても信用情報期間に履歴が記載されてしまう可能性があり、審査にはマイナスの情報となります。

記載されているか否かの境界線は3ヶ月。過ぎていればブラックリスト入りしている可能性が高くなります。明らかにうっかりじゃなくて何らかの事情で意図的に払えなくなったと判断しているわけです。

POINT:個人信用情報にはカードローンだけでなくクレジットカードの情報も記録されている。

個人信用情報機関とは?

個人信用情報が管理されている信用情報機関は3つ。

全国銀行個人信用情報センター(KSC):おもに銀行など
日本信用情報機構(JICC):おもに消費者金融
シー・アイ・シー(CIC):おもにクレジットカードなどの信販会社

全国銀行個人信用情報センター(KSC)は、おもに銀行や銀行関連のクレジットカード会社が加盟しています。

日本信用情報機構(JICC)は消費者金融会社の8割が加盟している信用情報機関です。

シー・アイ・シー(CIC)はおもに、クレジットカード会社やローンを取り扱う銀行が加盟。また一部の消費者金融会社も加盟しています。

カードローン各社は、これらの信用情報機関に問い合わせて過去に3ヶ月以上の滞納はないか、借金整理をしているかなどの情報をチェックしています。

個人信用情報機関のJICCで開示請求してみた

個人でも情報を開示することができます。3機関ありますがどこに問い合わせても同じ情報を共有しているので問い合わせは1か所でOK。郵送やネットでの申請は1000円。窓口なら500円です。

BIGママ
行ってみたわよ

 全国銀行個人信用情報センター(KSC)  日本信用情報機構(JICC)  シー・アイ・シー(CIC)
 手続き方法  郵送のみ  郵送・ネット・窓口  郵送・ネット・窓口
 手数料  1000円 郵送・ネット〜1000円
窓口〜500円
郵送・ネット〜1000円
窓口〜500円
 加盟  おもに銀行など  おもに消費者金融  おもにクレジットカードなどの信販会社

開示請求してきたのは、おもに消費者金融の個人情報を管理しているJICC=日本信用情報機構です。2階へは階段から行くよう誘導されるのですが奥行きの浅い階段でズッコケてしまいました。スネを打ちつけた痛みに顔を歪めながら開けっ放しの入り口に足を踏み入れると、いきなり警備員の姿が目に飛び込んできました。その瞬間、明らかに空気が違うことを肌で感じました。見渡すと、警備員のほかに受付のおばさんがひとりだけ。あとは長椅子が6つくらいあるだけのシンプルすぎる空間。余計な人や装飾がまったくないんです。写真撮影禁止の張り紙がしてありうまく雰囲気を伝えられないのが残念です。その理由は小さな電光掲示板を見て納得。そこにはこんな内容がループして流れ続けていました。

「審査業務は一切行っていません」

個人信用情報を管理してるダケのところなのに審査もしていると勘違いしてローンに断られた理由を教えてほしいとやってくる人が多く、中には声を荒らげる人もいるんでしょうね。いろんなトラブルが起きた結果があの空間なのだと思います。

信用情報機関は、あくまでも管理業務のみで審査には一切タッチしていません。受付のおばさんに詰め寄っても意味がないことを理解しておいてください。

事前に用意しておくもの

用意しておくものは2つ。本人確認書類と500円です

1点でよいもの 2点必要なもの
運転免許証または運転経歴証明書
写真付住民基本台帳カード
マイナンバーカード(個人番号カード)
旅券(パスポート)
身体障害者手帳
在留カードまたは特別永住者証明書
各種保険証
各種年金手帳(住所が確認できるもの)
印鑑登録証明書 原本
戸籍謄本(または抄本) 原本
住民票 原本
BIGママ
あたしは財布に運転免許証が入ってるからどこにも立ち寄らずに手ぶらで直行できたわ。ほかの書類は有効期限が3ヶ月以内のものやコピーはダメとかあるから必ず公式サイトで確認してね

申請書に記入する

左側が本人確認書類、右側が開示請求の申込書です。

やってみてわかったことですが、開示請求は住所ごと。記載情報は5年前まで残るのですべて知りたければ5年前までの住所をすべて記入しなければなりません。2年前まで住んでいたところの住所と電話番号を思い出すのに一苦労でした。もしすべて知りたい人は5年前までの住所と電話番号をメモしておくといいと思います。

身に覚えがあるのは、5年かけて返済中の事業ローンと事業ローンの返済が1日延滞したこと、過去に旧サラ金を借りたこと。忘れてますが、水道光熱費や電話や携帯電話の通信費が遅れたこともあったかもしれません。

記載内容

申請書を必要事項に記入して渡すと整理券を渡され、およそ10分待つように言われます。そして渡されたのがこの封筒でした。

帰宅してから気づきましたが、手書きで謎の数字「40」と書いてあります。なんでしょうコレ。

わからないことがあったら聞いてくださいと言って渡されました。長椅子に座って中身を確認しました。


1が申し込み情報、2がクレジット情報、3が利用記録になります。

1:申込情報
クレジットやローンの新規申込みにおける支払能力を調査するため、加盟会員が照会した事実を表す情報
 ■ご本人を識別するための情報
氏名、生年月日、郵便番号、電話番号等
■お申込み内容に関する情報
照会日、商品名、契約予定額、支払予定回数、照会会社名等
 照会日より
6ヶ月間
2:クレジット情報
加盟会員と締結した契約の内容や支払状況を表す情報
 ■ご本人を識別するための情報
氏名、生年月日、性別、郵便番号、住所、電話番号、勤務先名、勤務先電話番号、公的資料番号等
■ご契約内容に関する情報
契約日、契約の種類、商品名、支払回数、契約額(極度額)、契約終了予定日、登録会社名等
■お支払状況に関する情報
報告日、残債額、請求額、入金額、入金履歴、異動(延滞・保証履行・破産)の有無、異動発生日、延滞解消日、終了状況等
■割賦販売法対象商品のお支払状況に関する情報
割賦残債額、年間請求予定額、遅延有無等
■貸金業法対象商品のお支払状況に関する情報
確定日、貸付日、出金額、残高、遅延の有無等
契約期間中および契約終了後5年以内
3:利用記録
クレジットやローンの利用途上における支払能力を調査するなどのため、加盟会員が照会した事実を表す記録
 ■ご本人を識別するための情報
氏名、生年月日、郵便番号、電話番号等
■お申込み内容に関する情報
照会日、商品名、契約予定額、支払予定回数、照会会社名等
 利用日より
6ヶ月間

↑は別の信用情報機関CICの情報を引用したものです。こちらのほうがわかりやすかったので載せておきます。

では、順番に見ていきます。

1:申し込み情報

 

「申込内容に基づき検索しましたが、お客様の登録情報はありませんでした。」

直近6ヶ月以内にクレジットカードやローンの申し込み、支払い予定回数などの登録情報はないという意味です。個人で借りている事業ローンですが、その記述自体ありませんでした。事業ローンは個人信用情報に含まれないということでしょうか。事業ローンの延滞も掲載されていませんでした。延滞は1日だけなので載らなかったようです。事業ローンを抱えながらカードローンの審査を申し込んでも影響はないと思われます。

2:クレジット情報

2はクレジットの契約情報が記載されています。契約日なんて覚えていませんがしっかり載っていました。別段、気になる記述はありませんでした。

3:利用記録

3は、わたしの個人情報を照会した会員=カードローン会社などがあったかどうかを検索したもの。照会しただけでここに掲載されるんですね。照会には本人の同意が必要ですから、もし身に覚えがなかったら載ることはありません。

開示請求して思ったこと

カードローンやクレジットカードのキャッシングを利用すると、信用情報機関に記録が残ります。
その内容はこちら。

・申し込んだ日
・契約を結んだ日
・返済中の履歴
・延滞発生
・強制解約
・任意整理
・自己破産

ローンを申し込んだだけでも以下の項目が記載されます。

<申し込んだ時点で記録される情報一覧>
・貸金業者名
・名前や性別、生年月日、電話番号などのパーソナル情報
・審査を申し込んだ日
・ローンの種類 など

staffゆうきち
こうした記述がなかったわけやな

BIGママ
まだ申し込んでないからね。これがカードローンを申し込んだら記録が残ることになるの

一定期間、記録を消すことはできません。ですから、のべつまくなしに複数の会社に申し込むのはオススメできません。とくに消費者金融の場合、年収の3分1までしか貸せない決まりになっているので複数の会社に申し込んだからといってたくさん借りられるわけではないんです。

staffゆうきち
ゴマかせないっちゅうことやな

BIGママ
それよ。今回開示請求してみて一番感じたことだわ

まとめ

カードローンの審査でも、職業や収入、連絡先などでウソの情報を伝える人がいます。少しくらいいいか、よかれと思って、バレたくない・・・結局ごまかすことはできません。

ウソはつかない、つけない

BIGママ
ということを開示請求で学んだわ

都合の悪い情報でも正直に伝えることが審査に通過する第一歩になります。





-よくわかる質問, よく使われるカードローン用語
-, , , , , ,

Copyright© カード&ローンのそもそも , 2018 All Rights Reserved.